映画観てきました。

映画観てきました。2本。

感想書いておきます。



「英国王のスピーチ」

かなりいろいろと思うところあり。
知人に観てもらいたいな、と思いました。

あと、うちの生徒にも観てもらいたい。

この映画は場に立つ人のメンタルに触れている、ということでも
歌う人間にとっても役に立つ心構えを紹介していますが、
発音に関しても良いですね!キャスティングにこだわりが出てますね!

イギリス人はイギリス訛りの英語ですし、
ジェフリー・ラッシュはオーストラリア訛りですし。

発音の勉強という点でもうちの生徒に見せたいです。

…人間関係、ああいうのあるよね。
いろいろ考えさせられました。

地味にカメラワークがいいですね。不安定さの描写とか。



「塔の上のラプンツェル」

今日はこちらがメイン。

アラン・メンケンが作曲なので曲に期待していたのですが、期待以上!
観ていて本当に(曲で)泣けてきました。
これもミュージカルで演れる作品ですね!

CGの技術的に、髪の毛とか水とかは表現をするのが大変なんですよ。
そういうところを全力で表現しているのがすげえ、と思いました。

いわゆるディズニーのキャラクターを上手くCGで表現していますが、
セルとは全くの別物ですので、それが好みでない人は微妙かも。
カメラ割りもCGを活かしたハリウッド的なものがみられます。

口の動きもかなり発音に近く、それも評価高いです。

話はディズニーの王道ですので、王道で問題ない人なら楽しめます。



2本とも俺的にはかなり見所盛りだくさんでした!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック